身元調査の方法とその意義

実際の身元調査の方法

 

探偵や興信所は実際にどのように身元調査を行うのでしょうか。

 

基本的な方法は、尾行と張り込みです。調査対象者の生活パターンを調べます。

 

そして、普段どのような人と接しているのか、その中で怪しい人(異性)などと接触していないかを確認します。

 

人間は意外と生活パターンが決まっているものです。それでいくら警戒していても、きちんと調査すれば必ず尻尾をつかむことができます。

 

さらに尾行だけでなく、聞きこみも身元調査には欠かせないものです。

 

例えば、調査対象者の出身地や以前住んでいた場所、さらには近所の人々、職場関係者などに、聞き込みを行います。

 

何気ない会話から調査対象者のことを聞きだすことができるのが、優秀な探偵と言えます。それには経験も必要です。

 

このように、探偵が行う身元調査には様々な意義がありますし、それは法律によって認められている範囲です。

 

事前のトラブルを避ける意味でも依頼することは間違っていません。

 

調査料は安くはありませんが、今後の人生を左右するような決定をする前には、一度相談することをおススメします。

 

 

探偵の行う身元調査の意義について

 

探偵事務所が行う業務は様々なものがあります。その中でも多いのが身元調査です。

 

では、実際に身元調査はどのように行われているのでしょうか。そして身元調査にはどのような意義があるのでしょうか。その点について記したいと思います。

 

まず、なぜ身元調査が必要になるのでしょうか。具体的な例を挙げてみましょう。

 

例えば、浮気調査をしていて、依頼者の配偶者が浮気をしている証拠をつかんだとします。

 

その後依頼者は慰謝料や離婚のことを考えて、弁護士に相談するとします。その際に必ず必要になるのが、浮気相手の身元情報です。

 

例えば、どこに住んでいるのか、名前、などの情報です。そうした情報がないと、内容証明郵便を送ることもできないからです。そこで必要になるのが身元調査と言えます。

 

また、多いのが結婚前に相手の身元調査を依頼されることです。

 

身元調査によって今までは知らなかった事実を知ることができ、事前にトラブルを回避することができます。

 

例えば、身元調査を行って初めて結婚したいと思っている相手に離婚経験があったことが分かったりします。

 

さらに、過去に金銭的なトラブルを抱えていたり、借金をしていたりするという場合もあります。

 

もし、それを知らないでそのまま結婚していたら、それは夫婦の問題となり、必ず結婚生活に影を落とすことになります。

 

そうしたトラブルを避けるうえで、身元調査は必要となります。